中国語は将来役立つかも!現状の勉強具合を紹介…

大学1年生のころ、選択必修科目として「中国語・韓国語・フランス語・ドイツ語」のなかからひとつを履修しなければなりませんでした。私は英語や欧米文化に興味があり英文科へ入学しましたが英語以外の言語に特に興味がなかったため、「日本と同じ漢字を利用しているから勉強しやすいだろう、訪日中国人の方々が増加しているので勉強したら将来役に立つかもしれない」と思い中国語の学習をはじめました。

大学の授業で勉強をしました。はじめは単語を見ただけでなんとなく意味がわかるため簡単に学習できると感じていましたが、授業が進むにつれ声調が非常に難しいと思うようになりました。そのため、筆記試験は得意でも発音試験は不合格となることもありました。大学2年生からは中国語検定に合格しようと授業とは別に独学でも勉強を始めましたが、やはりリスニングが難しくあと一歩のところで不合格となってしまいました。

現在、勉強はしておりません。大学2年生のころに中国語検定に受かろうと必死で勉強をしましたが、結果として不合格となってしまったため燃え尽きたようなかたちで勉強することをやめてしまいました。中国語検定合格を目指していたときは、週2回1時間半ずつの授業のほかに自習として毎日1時間から3時間は勉強をしておりました。

賛成です。中国語は日本人にとって発音や聞き取りがニガテ分野だと思います。発音や聞き取りは独学が不可能というわけではありませんが実際に先生の発音する音や口の形を見ることでより理解が深まると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です