中国人とコミュニケーション取りたい!だから勉強を始めました

自分の勤める会社が人件費の削減を目的として業務の一部を海外に発注することになり、中国企業から研修のために日本へやってきた中国人とコミュニケーションを円滑に取ることを目的として、互いに日本語と中国語を教えあうような勉強会を開催することになりました。以前にも日本で働いている中国人と一緒に仕事をすることはあったのですが、十分なコミュニケーションが取れずに不満を持っていました。そこで勉強会に参加することにしました。

自分の勤める会社と取引のある中国企業から研修のために日本にやってきた社員による勉強会への参加です。簡単な挨拶から始めましたが、四声の発音が想像以上に難しく、イントネーションを意識せずにカタカナ読みしても全く通じないということが分かりました。また中国語の発音は「舌」の使い方が英語に似ており、日本人の不得意な発音が多いことも分かりました。

現在はテレビやラジオの中国語講座を時々見たり聞いたりする程度です。会社の勉強会では週に1回、2時間ほどの学習を3カ月位続けていたと思いますが、発音の難しさや文法の理解に付いていけずに脱落する社員がほとんどだったため、自然消滅のような感じで勉強会は開催されなくなってしまいました。先生役の中国人はとても優しく教えてくれたのですが、なかなか使えるようにならないために興味が持続しなかったのが原因の様に思います。

中国語を本当に学びたいという強い理由があれば(例えば思いを寄せる異性の中国人がいるので本音で話せるようになりたいなど)学校に通うことも良いと思いますが、そうでない場合は無駄になってしまうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です